システム開発プロジェクトにおけるリスクのマネジメント

プロジェクトマネージャ(PM)は,プロジェクトの計画時に,プロジェクトの目標の達成に影響を与えるリスクへの対応を検討する。プロジェクトの実行中は,リスクへ適切に対応することによってプロジェクトの目標を達成することが求められる。

プロジェクトチームの外部のステークホルダは PM の直接の指揮下にないので,外部のステークホルダに起因するプロジェクトの目標の達成にマイナスの影響がある問題が発生していたとしても,その発見や対応が遅れがちとなる。PM はこのような事態を防ぐために,プロジェクトの計画時に,ステークホルダ分析の結果や,PM としての経験などから,外部のステークホルダに起因するプロジェクトの目標の達成にマイナスの影響を与える様々なリスクを特定する。続いて,これらのリスクの発生確率や影響度を推定するなど,リスクを評価してリスクへの対応の優先順位を決定し,リスクへの対応策とリスクが顕在化した時のコンティンジェンシ計画を策定する。

プロジェクトを実行する際には,外部のステークホルダに起因するリスクへの対応策を実施するとともに,あらかじめ設定しておいたリスクの顕在化を判断するための指標に基づき状況を確認するなどの方法によってリスクを監視する。

設問

設問ア

あなたが携わったシステム開発プロジェクトにおけるプロジェクトの特徴と目標,外部のステークホルダに起因するプロジェクトの目標の達成にマイナスの影響を与えると計画時に特定した様々なリスク,及びこれらのリスクを特定した理由について,800 字以内で述べよ。

設問イ

設問アで述べた様々なリスクについてどのように評価し,どのような対応策を策定したか。また,リスクをどのような方法で監視したか。800 字以上 1,600 字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

設問イで述べたリスクへの対応策とリスクの監視の実施状況,及び今後の改善点について,600 字以上 1,200 字以内で具体的に述べよ。

出題趣旨

プロジェクトマネージャ(PM)は,プロジェクトの計画時に,プロジェクトチームの外部のステークホルダに起因するプロジェクトの目標の達成にマイナスの影響を与えるリスクへの対応を検討する。プロジェクトの実行中は,リスクへ適切に対応することによってプロジェクトの目標を達成することが求められる。

本問は,プロジェクトの計画時に特定して,評価した,プロジェクトチームの外部のステークホルダに起因する様々なリスク,これらのリスクへの対応策,リスクの顕在化を監視した方法などについて具体的に論述することを求めている。論述を通じて,PM として有すべきリスクのマネジメントに関する知識,経験,実践能力などを評価する。

論文設計

章立てを考える

  1. プロジェクトの特徴と計画時に特定したリスク
    • プロジェクトの特徴と目標
    • 外部のステークホルダに起因するリスク
  2. リスクの評価と対応策およびリスクの監視方法
    • リスクの評価と対応策
    • リスクの監視方法
  3. リスクの対応策と監視の実施状況,今後の改善点
    • リスク対応策と監視の実施状況
    • 今後の改善点

参考文献

  • 令和2年度 プロジェクトマネージャ試験 午後Ⅱ 問題 問2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です