システム開発プロジェクトにおける信頼関係の構築・維持

プロジェクトマネージャ(PM)には,ステークホルダとの信頼関係を構築し,維持することによってプロジェクトを円滑に遂行し,プロジェクト目標を達成することが求められる。

例えば,プロジェクトが山場に近づくにつれ,現場では解決を迫られる問題が山積し,プロジェクトメンバの負荷も増えていく。時間的なプレッシャの中で,必要に応じてステークホルダの協力を得ながら問題を解決しなければならない状況になる。このような状況を乗り切るには,問題を解決する能力や知識などに加え,ステークホルダとの信頼関係が重要となる。信頼関係が損なわれていると,問題解決へ向けて積極的に協力し合うことが難しくなり,迅速な問題解決ができない事態となる。

PM は,このような事態に陥らないように,ステークホルダとの信頼関係を構築しておくことが重要であり,このため,行動面,コミュニケーション面,情報共有面など,様々な切り口での取組みが必要となる。また,構築した信頼関係を維持していく取組みも大切である。

設問

設問ア

あなたが携わったシステム開発プロジェクトにおけるプロジェクトの特徴,信頼関係を構築したステークホルダ,及びステークホルダとの信頼関係の構築が重要と考えた理由について,800 字以内で述べよ。

設問イ

設問アで述べたステークホルダとの信頼関係を構築するための取組み,及び信頼関係を維持していくための取組みはそれぞれ,どのようなものであったか。工夫した点を含めて,800 字以上 1,600 字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

設問アで述べたプロジェクトにおいて,ステークホルダとの信頼関係が解決に貢献した問題,その解決において信頼関係が果たした役割,及び今後に向けて改善が必要と考えた点について,600 字以上 1,200 字以内で具体的に述べよ。

出題趣旨

プロジェクトマネージャ(PM)には,ステークホルダとの信頼関係を構築し,維持することによってプロジェクトを円滑に運営し,プロジェクト目標を達成することが求められる。

本問は,ステークホルダとの信頼関係を構築する取組みと信頼関係を維持していく取組み,ステークホルダとの信頼関係が解決に貢献した問題などについて具体的に論述することを求めている。論述を通じて,PM として有すべきステークホルダの管理に関する知識,経験,実践能力などを評価する。

解答案

章立てを考える

  1. プロジェクトの特徴及び信頼関係を構築したステークホルダとその理由
    • プロジェクトの特徴
    • 信頼関係を構築したステークホルダとその理由
  2. ステークホルダとの信頼関係の構築及び維持するための取組み
    • ステークホルダとの信頼関係を構築するための取組み
    • ステークホルダとの信頼関係を維持していくための取組み
  3. 信頼関係が解決に貢献した問題,貢献した役割及び今後の改善点
    • ステークホルダとの信頼関係が解決に貢献した問題
    • 解決において信頼関係が貢献した役割
    • 今後に向けて改善が必要と考えた点

参考文献

  • 平成29年度 春期 プロジェクトマネージャ試験 午後Ⅱ 問題 問1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です